忍者ブログ

2018
12
19

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2018/12/19 (Wed.)

2010
12
16

久しぶりの寺田屋

寺田屋の階段


チビ(大きいけど)が、社会科の自学で坂本龍馬の史跡に行きたいと言ってきた。少し前まで戦国時代だったと思ったが、あっという間に江戸時代も終わってしまうようだ。

よっし!そんなお願いならいくつでも聞いてやろう!

幸い、ここ京都は史跡に困る事はない。

ただ、問題は、数ある史跡の何処に行くのかという事なのだが、悩んだ結果「寺田屋」に行く事にした。

車で行く事になったのだが、少し離れた場所の駐車場に車を止めて「大手筋商店街」を歩いた。

以前、長野の友達とこの商店街にある酒屋で利き酒をした事を思い出す。

だから電車で行こうと言ったのだ!

伏見には「黄桜」や「月桂冠」、それ以外にも沢山の酒蔵があり、ほろ酔い加減で歩くには最高である。

寺田屋に着き、チビ(大きいけど)はデジカメで写真を撮りまくっている。手当たり次第だ。時々、質問をされるのだが、坂本龍馬についての知識は、司馬遼太郎の「竜馬がゆく」とNHKの「龍馬伝」が全てである。

知らない名前や写真が沢山ある。そもそも、龍馬が書いたという書が読めない。

情けない話だが、私には達筆すぎる。(^^;

ママ〜!出番ですよ〜!

さて、チビ(大きいけど)はこれで良しとなったんだが、私にも驚きがあった。

京都市が調査の結果「寺田屋」は焼失していたとの公式見解を出していたらしい。新聞の切り抜きが展示されていた。

なんと!当時の建物ではないのか。

ただ、「寺田屋」の方は認めていないらしく、その事が更にミステリアス度をアップさせている。


弾痕

焼失したのであれば、この弾痕は別の何か?

もう少し綺麗に書けば良いのに。(^^;




いいなぁ〜。こういう勉強。




PR

2010/12/16 (Thu.) Comment(1) 日常

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

実はずーっと気になってました。
なんかちゃうような気がして。
弾痕は節穴の年輪にしかみえないし。。。

NONAME  2010/12/19 (Sun.) 14:36 edit

そうですよね。

刀の痕は何となくいい感じなんですが、確かに弾痕は微妙な感じですね。

2010/12/19 20:19

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリー

最新CM

[12/01 まさ]
[11/18 ダリちゃん]
[08/31 ダリちゃん]
[07/26 ダリちゃん]
[07/13 ダリちゃん]

最新記事

プロフィール

HN:
pepopepoman
性別:
男性

バーコード

RSS

ブログ内検索

カウンター

アーカイブ