忍者ブログ

2017
10
21

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/10/21 (Sat.)

2011
02
23

芝漬シアター

芝漬シアター


先日、『第32回 Kyoto演劇フェスティバル【一般部門】』を観に行った。

この文化芸術会館で行われる演劇フェスタには縁があり、もう5年くらいになると思うが、毎年通っている。

その“縁”というのは、知人が出演しているということなのだが、どちらかというと、半分はスタッフ。(^^;

頼まれごとがあれば、荷物の運搬から写真撮影までする事になるのだが、あまり役には立たないのが現実である。

実は、少しだけ、本当に少しだけではあるが、過去に舞台に立ったこともある。だが、基本的には芝居についての知識や経験はなく、正真正銘の素人。

本当に、何もかも勝手がわからないまま、飲み会には出席するという都合(調子)の良い奴なのである。

そんな都合(調子)の良い奴が、今回は、少しかじりかけたカメラ(sony nex-5)を持っての写真撮影に挑戦してきた。

結論から言うと、難しかった。何もかもが難しかった。

先ず、

「リハーサルで全体の流れを把握しておくべきだった」

やはりシャッターチャンスがくるタイミングを把握していないと、何時カメラをかまえて良いのか分からない。これは、致命的であった。

そして、

「ミラーレスは後ろのお客さんに気を使う」

これ、ビックリした。真っ暗な客席でカメラの電源を入れると、明るいのなんの。露出やISOなんかの設定は、モニターを見ながら設定しなければならないのだが、その明るさは迷惑極まりない。

どうしようかと迷ったが、結局は何時もの「絞り優先」モードを変更する事すら出来ず、悲しい思いをした。

さらに、

「シャッター音で恥ずかしい」

カッシャ!って音がするのは覚悟していたので良い、といっても恥ずかしいのには変わりないのだが、それよりも、今がシャッターチャンスか?と思われていないかが不安になり、とても恥ずかしい。

どちらにしても、気を使う。言い訳でもなんでもなく、スタッフカードを首から下げていたとしても気を使う。

幸い、カメラの感度が良い事に救われたのだが、ホワイトバランスがとれていなかったり、ちょっとした動作で微妙にブレたりもした。

悲しくなるできばえ。

頼まれていたんだが、本当に申し訳ない惨状。なんとか、数枚はプリントアウトする事が出来そうだ。

殿(左の方)、お許しください。


で、芝居の後は、反省会という名の打ち上げ。しばらく時間があったので、一緒に居た遠方から来た皆さんと清水寺を観光した。


清水寺


久しぶりである。

桜の季節には早く、至る所で改修工事をしていた事もあったのだが、流石は京都の観光地。すばらしい景色。

三年坂から二年坂、すっかり地元の観光客。

夜には宴会。大変充実した一日であった。






お芝居がどうのと言う訳ではなく、何かに一生懸命取り組んでいる姿!元気を頂きました。(^^)v
 
 


PR

2011/02/23 (Wed.) Comment(1) 日常

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

ねっファインダーは必要でしょ?(笑)
だから(EVFがつく)オリンパスペンがいいと助言したんよ~。川 ̄∠ ̄川 フフフ

NONAME  2011/02/24 (Thu.) 11:55 edit

だぁってぇ〜 (# ̄З ̄) ブツブツ

そうか。
いっぺんどんなもんか見てみたいので、買ってもらえませんか。(笑)

2011/02/24 20:37

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリー

最新CM

[12/01 まさ]
[11/18 ダリちゃん]
[08/31 ダリちゃん]
[07/26 ダリちゃん]
[07/13 ダリちゃん]

最新記事

プロフィール

HN:
pepopepoman
性別:
男性

バーコード

RSS

ブログ内検索

カウンター

アーカイブ