忍者ブログ

2017
12
13

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/12/13 (Wed.)

2011
02
07

身の程を知る

かまくらつくり


遅ればせながら、実家の雪すかしに行ってきた。

今年は、どの地方でも豪雪だったようだが、丹後もかなりの激雪だったようだ。

「一度に積もった量としては、過去にもなかったんじゃないか」と、地元住民が言うのだから凄かったんだろう。

到着早々、スコップを持ち、先ずは車を止めるスペースを確保する事になったのだが、その流れで結局は全てをすることになってしまった。

何度か、積み上げられた雪のため、固くて重かったのだが、そこは、元丹後人。小さな頃に二階の屋根からスキーをして遊んだ者としては、雪すかしはお手の物。

ただ、すでに雪がある程度溶けているいるため、雪を捨てるのが困難。

そこで、作成したのが、雪運搬機1号。

雪運搬機1号

これで、側の川まで、らくちん、らくちん。なかなかのできばえ!

しかし、近所のおばちゃん、「○○ちゃん、もっとはよこんとあかんはー、がっしゃーつもっとたぁでぇー」との厳しい一言。ごもっともである。ただ、スタッドレスを履いていない我が家の車にとっては、この時期に丹後に行くのは自殺行為である。今回だって、レンタカーにしようか、スタッドレスを買おうかと迷った結果、日のある時間ならなんとかなるか!の無謀な挑戦である。

しかし、良いねぇ〜、丹後弁。イントネーションだけで積雪量が分かる。(^^;

昼ご飯をはさみ、なんとか玄関までの道を確保。

完成


なんとか、完璧。

って、一息した後は、気温が下がらないうちに丹後を脱出。

無事、京都に帰る事ができた。

ちゃっかり、帰りにカニも購入し、雪すかしをやり遂げたという気持ちと、美味しいものを食べるという喜びでいっぱいとなった。

カニ






ただ・・・

ただ、ある一点を除けば、完璧であった。

そう、腰をやってしまったのだ。雪すかしをしている時に、一瞬しゃがみこむ事が出来なくなった。

せっかく来たのにという思いもあって、腰にベルトを強く巻き、少しペースを落としたり、何度も休憩をしながら、激痛を我慢して雪すかしは終える事ができた。

車は、一度座ってしまえば、両サイドの膨らみを調整できるスポーツタイプのシートなので、全く問題はなかった。

帰宅後は、いたいながらもなんとか眠る事が出来たのだが、朝、まったく動く事が出来なかった。

本当に布団から出る事が出来ない。少しでも動けば、ビックリするほどの激痛。

痛み止めを飲み、なんとか整骨院までいって治療を受ける事が出来たのだが、完璧なぎっくり腰との診断。

骨にズレもあったらしく、ボキボキって矯正も入った。。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。

時間が止まったかのような、もう、この世の物とは思えないほどの激痛。

本当に痛い時って、変な声がでることも知った。

しばらくは安静との事。

咳払いとクシャミが、予想以上に辛い。クシャミ一回で、しばらく固まってしまう。

花粉の季節。大丈夫なんだろうか。あぁ〜、助けて。

湿布








PR

2011/02/07 (Mon.) Comment(1) 日常

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

過信せず、ほどほどにね。
なんだかんだいっても歳なんだから。(笑)

おっさんの世界へようこそ。(爆)

hiropon  2011/02/08 (Tue.) 17:23 edit

>過信せず、ほどほどにね。
>なんだかんだいっても歳なんだから。(笑)
>
>おっさんの世界へようこそ。(爆)

そう、今回の件で、思い知らされました。
ちなみに、我が家のヘルスメーターでは、体年齢60歳って表示されるんですけどね。(笑)

しかし、こんなに痛いとは。

2011/02/09 07:57

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリー

最新CM

[12/01 まさ]
[11/18 ダリちゃん]
[08/31 ダリちゃん]
[07/26 ダリちゃん]
[07/13 ダリちゃん]

最新記事

プロフィール

HN:
pepopepoman
性別:
男性

バーコード

RSS

ブログ内検索

カウンター

アーカイブ